インビザラインで矯正を始める女

交差咬合をインビザラインで治そうとしてるアラフォー主婦兼OLのブログです。美容についても時々語ります。

矯正を志すまで その②

その後、思春期を経て、大人になっていきました。

時々思い出したように、

やっぱ私の顔曲がってるな・・・
ほんと笑顔やばいなブスすぎ・・

と思ったりすることはありましたが、
そこまで気にしていませんでした。

これのせいで全くモテなかった、
とかならもっと悩んでたのかもしれませんが、
特にそんなこともなく、
なんならモテ期とかもちゃっかりやってきて、
意外と恋愛や異性で困ることもなかったので、
もっと美しくなりたい願望はあったものの、
口元には意識が及んでいませんでした。

どちらかといえば、

必死でメイク術を学んだり、
ダイエットしたり、エステに通ったり、脱毛したり、

という方に力を注いでいました。


ただ、稀に、

しゃくれてるよね

とか

顔曲がってるよね


といわれることもあり、その時は一瞬ズーンと落ち込んだりしましたが、

仲の良い友人や両親は

そんなに気にすることは無いレベル

と言ってくれてたので、すぐに忘れていきました。

また、以前も書いたように、

私は虫歯になりやすい歯だったので、
歯科にはコンスタントに行っていました。

そこでも、特に噛み合わせのことで何か言われたこともなかったですし、
なんなら、こちらから、

噛み合わせ悪いですよね。
治したほうがいいですかね~

なんて質問をしても、


うーん、まあしないよりした方がいいとは思う。
でも、よっぽど機能的に問題があるなら別だけど、
見た目的には「言われれば確かに曲がってるね」というレベルだし、
対費用効果を考えるとどうだろうねぇ。
僕だったらしないかなあ~

と先生から言われていたので、
なおさら矯正に踏み切る気持ちは無くなっていきました。

そして、30代半ばで結婚。

そんな私がなぜここへ来て矯正に踏み切ったのか。

次回明らかに!

すいません、無駄に長くてww
次回で終わりますww

 

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村