インビザラインで矯正を始める女

交差咬合をインビザラインで治そうとしてるアラフォー主婦兼OLのブログです。美容についても時々語ります。

矯正を志すまで その③

さて、幼い頃からそれなりに口元の歪みが気になってたものの、
高額の費用と長期にわたる矯正期間を考えると、


しなくていい

という結論に達し40代となった私が、ここへ来て矯正をしよう、と
決意したきっかけ最終章です。笑



まず、一番大きな理由は、、

 

”外国の方々と接する機会が増えた”


これだと思います。

以前の私は海外旅行を含め、海外にあまり関心がありませんでした。

好きな海外の映画やドラマ、本、音楽などは山ほどありましたし、
好きな外国人俳優もたくさんいました。

それでも、それはあくまでも二次元の世界のものであって、
リアルに自分が接触するということはあまり考えていなかったのです。
英語も苦手で、30才になるまで海外に行ったこともありませんでした。

しかし、海外旅行好きの夫と付き合うようになり、一変しました。

初めての海外はアメリカだったのですが、とても刺激的で、
二次元だと思っていた世界が目の前にありました。
本やドラマでみたアメリカンの生活がそこにありました。
今では年に3回は海外旅行に行っています。

 

私は、ものの見事に海外旅行、そして異国の文化にドップリとはまり、
英会話の勉強を始めました。
テンプレすぎて自分でも笑いますww

初めは How are you? すらままならなかった私が、
簡単な日常会話ならば緊張せずに話せるようになり、
そうなると俄然、外国人のお友達が欲しくなります。(単純)

そして、SNSを通してたくさんの外国の方たちと、
お友達になることができました。
書道が好きだったりアニメ・ゲームが好きだったことも幸いしたようです。

実際に、彼らが日本に来たときは秋葉原を案内したり、
私が彼らの国に行くときはお世話になったりしています。

そして、どんどん身近になるうちに、

てゆーか、皆、、歯綺麗じゃね??

と思うようになりました。
そう思い始めたらもう止まらなくて、
外国人の友人と会うたびに歯ばっか見てしまいますし、
ネットで検索すると、

 

海外、特にアメリカでは「歯」の美しさがステータス!!

歯並びが悪く、黄ばんだ歯は不潔と貧乏の象徴!


こんな文字ばかり並んでいるのが気になりすぎます。

なんとなくそんなイメージは持っていましたが、
本当にリアルにそのとおりでした。

実際に、アメリカ人の友人たちも、


”日本人て、歯の手入れってしないの?”
”八重歯が可愛いってマジ?ありえない・・吸血鬼やん・・”
”日本人て裕福だと思ってたけど銀歯の人多すぎ”

(銀歯=低所得と思うそうです)


などと日本人の歯への意識が薄いことに対して驚愕しているし、

 銀歯が普通なんて…海外より遅れている日本の美容診療


こんな記事もありました。

それをきっかけに、

え、待って、、
私の歯、銀歯だらけだし黄ばんでるし噛み合わせ悪いし、
相当貧乏人の低ステータス女だと思われてるんじゃないか・・
やだ恥ずかしい。すこぶる恥ずかしい!!

などと思い始め、

”いずれば海外に住みたいと思っているのに、これはまずいのでは”

と焦りのようなものまで生まれました。

ちなみに、夫は歯列に問題ないので矯正はしてませんが、
ホワイトニングはしてます。

長くなりましたが、それが大きなきっかけで、
歯に対して真剣に、且つ前向きに考えるようになりました。

それが約3年前のことです。
そこから矯正に至るまでは長くかかりました。

それはまた追い追いお話します。

ちなみに、それ以外の理由としては以下のとおり。

①写真を撮ること(撮られること)が増えた

👉SNSの急速な普及で、本当にどこでも何しても写真、写真です。
これは本当に迷惑です(笑)
気軽に写真を撮ってシェアすることが出来るのは便利な反面、
私のような笑顔ブスの写真写り最悪女にとっては、”これ何の拷問”
と思う場面も多々あります。周りの女性たちの可愛くて美しい笑顔を見ることも、
あーー噛み合わせ治してぇぇという気持ちに拍車をかけました。


②マリオネットラインが目立つようになった

👉法令線とは別に、マリオネットラインがあります。















マリオネットラインというのは、これ↑

ちょうど腹話術の人形のような唇横の皺です。
ものすごく老けて見えるので本当に忌々しいです。
これが、”噛み合わせの影響もないとはいえない” と言われ、
矯正治療への後押しとなりました。


③金銭面に余裕がでてきた

👉私は超絶浪費家なので、お金を貯めるのがめちゃくちゃ苦手だったのですが、
結婚してから、共働きなことに加え、子供もおらず、
昇給+会社からの家賃補助、なんかが合わさり
だいぶ家計がラクになったんですね。
貯金も独身の頃に比べたら倍額できるようになったし、
万が一ローンを組んでもそこまで生活に支障は無いので、
それも後押しとなりました。だってほんと高いもんね、大人の矯正って・・

そんな環境の変化に伴い私の矯正熱もかなり高まった、というわけです。

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村